賃貸暮らしに憧れている人へ|知らなきゃ損する知識

複数の条件を考慮した選択

マンション

自身の条件に合った住まい

人々は住まいを構える時の選択肢として、まずは賃貸か戸建て、あるいは集合住宅でも分譲マンションなどにするかを決めることとなります。その選択は自身や家族の生活状況や家庭の経済的事情などで変わってきます。賃貸物件にも色々あり、ワンルームなど単身用の物件や、反対にファミリータイプの物件もあります。賃貸といえば、アパートやマンションなどを想像することが多いですが、戸建てを賃貸として家主が貸し出している場合もあります。集合住宅や戸建て賃貸にかかわらず、入居時の敷金礼金などの資金や家賃はそれぞれの住宅の築年数などで変わってきます。分譲住宅を購入するのか、賃貸に住むのかは環境や条件を比較してよく考える必要があります。

その土地の特徴を見極める

全国でもその地域によって、賃貸が多い地区や分譲住宅が集まる地区など様々です。例えば、滋賀県では大学など学生が多数暮らす地域では駅前や学校近くなどにアパートなどが多く並んでいます。反対に同じ滋賀県内でも住宅街の周辺には集合住宅でも分譲マンションなどが多数並びます。滋賀県は土地的に山が多く、のどかな雰囲気です。そういった面では沢山の自然の中で、様々なレジャーや日々の暮らしも満喫出来るという利点があります。ただし、交通の便が良いのは駅前や学生の暮らす街周辺など一部に限られる為、可能ならば車があった方が大変便利に生活ができます。そんな周辺環境も加味した上で、滋賀県に居住しようとした場合は賃貸でも駐車場の有無を確認するなど、自身の行動範囲にも合った条件の物件を探すことが大切です。